査定の基準は買取店によって違う

ブランド時計を買い取ってもらうときには3件から5件を目安に、労力的に大変にならない範囲で多くの買取店に査定をしてもらうのが大切です。ブランドの価値や時計の状態に関する査定基準が買取店によって異なっているからです。人気のブランドだから高く売れるはずだと思っていたのに、査定を受けてみたらかなり安い見積もりになったということもあるでしょう。しかし、他の買取店に査定してもらうと大幅に金額が上がることもあるのです。状態についても同様で、ちょっと傷がついているだけで大幅に減額する業者もあれば、程度に応じてリーズナブルな範囲で減額するところもあります。多くの買取店で査定を受けてみると高く売れるところが見つかる可能性が高まるのです。

比較することで高く売れる可能性が高まる

査定を受けてみる必要があるのは本当に3社から5社以上が妥当なのかと悩む人もいるでしょう。2社で十分という考え方もないわけではありませんが、たまたまその2社が同じ考え方で査定してしまうと全く同じ結果が得られてしまいます。数が多ければ多いほどこのようなリスクは低くなるのです。最低ラインを3社としているのは、具体的にそれがベストという基準があるわけではなく、違うタイプの買取店を3つくらい比較すれば違いがはっきりとわかることが多いからです。大きな違いがあったらもう少し比較してみようという気持ちも生まれるでしょう。それによって高く売れる可能性が高まるため、2社で終えずにもう1社くらいは比較するのが無難なのです。

現在の金相場は、右肩上がりを続けています。今後の動向は誰にもわかりませんが、ドルが高いときや金融不安、災害などの時に上がる傾向にあります。是非、金買取時の参考にして下さい