保証書がないと真贋の判断が難しい

高級ブランド時計の査定の際に何を査定しているのかというと、腕時計に傷や汚れがないかといった状態を判断するということもありますが、それが本当に高級ブランドのアイテムなのかということを判断しています。高級ブランド時計だけを扱っている専門店ならば、少ない判断基準でも判断することができますが、専門店でない場合それが難しくなります。真贋がしっかりと判断できなければ、損をしたくない中古買取業者は安い査定額を提示せざるを得ません。そのような事態を避けるために、買い取ってほしい時計が高級ブランド時計であるとしっかりと示すための保証書があるとよいでしょう。保証書があれば、専門店でなかったとしてもしっかりと判断することができて、高価買取につながります。

付属品があると新品に近くなる

高級ブランド時計を高価買取につなげたい場合には、付属品も合わせて査定に出すということが重要です。高級ブランド時計を購入する際に、むき出しの時計をそのまま購入するということはほぼないでしょう。保証書などとともに、高級ブランドの名前がしっかりと記入されている造りも頑丈な箱やおしゃれなデザインが施されている袋などといった時計を守るための付属品がついています。付属アイテムは、場合によっては限定品ともなり、それ単体でも高価買取対象となることがあるほどです。また、付属品があれば、中古買取業者は、買い取った時計を少ない労力で新品に近い形で販売することができるでしょう。そのこともあって、付属品も合わせて査定に出すと高価買取対象となります。

ロレックス買取はどこの買取店でも積極的に行っています。買ったときの説明書はなるべくとっておき、少しでも買ったときに近い状態で売りましょう。いくつかお店を回って必ず見積もりをだしてもらうようにします。